品川区小山台の耳鼻咽喉科 武蔵小山駅すぐの青山セントラルクリニック 鼻咽腔治療について

鼻咽腔治療について

各症状について

  • 耳の症状
  • 鼻の症状
  • のどの症状
  • めまい
  • その他

鼻咽腔治療について

6スポット治療

今月の診療カレンダー

Bスポット療法

鼻咽腔治療とは別名Bスポット療法ともいい、上咽頭に塩化亜鉛という消炎剤を直接塗布する治療法で東京医科歯科大学元教授の堀口申作先生によって考案されました。当院ではBスポット療法を発展させた6スポット(シックススポット)療法を行っています。

鼻とのどの間にある「上咽頭」とは、空気の通り道で人間は常に呼吸するためほこりや菌がつきやすく炎症をひき起こします。
上咽頭は鼻とのどに関連があるばかりではなく、耳につながる耳管の開口部があるため耳の病気にも関係があります。

治療は塩化亜鉛をつけた綿棒で鼻の中と口の中から上咽頭に十分に塗布します。
治療時間は1~2分です。口の中から綿棒で触るとどうしても嘔吐反射がおきるため気持ち悪くなります。症状の強い方ほど、強い痛みが生じ、綿棒に血がついたり、鼻水が多くでたり、頭痛がしたり、アトピーの方は一時的に皮膚症状がひどくなることがあります。
しかし、治療後数時間は痛いものの、その後で症状が改善するケースが多くみられます。「鼻が通るようになった」「肩が軽くなった」 「目のかすみがとれた」と言う方もいます。

また一時的にも症状が強くでて不安に思われる方もいらっしゃると思いますが根気よく治療を続けていただくと徐々に症状が薄れてきます。徐々に炎症がおさまってくると治療による痛みや出血は弱まります。赤ちゃんから大人まで治療可能です。
むしろ、お子さんにこそ治療を受けていただきたいと思っています。
どんな病気でも早期治療が重要ですが早く始めれば早く改善します。
カゼをひきやすい、中耳炎・扁桃炎を繰り返す、喘息、アトピーなど日常生活に影響するものとは早く縁を切って健康に成長していただきたいからです。
上咽頭や鼻の奥は脳に近いため刺激により神経やホルモンにも影響するようです。
そのため耳鼻科の病気だけでなく喘息やアトピーなどのアレルギー疾患を筆頭に免疫と関連する病気、膠原病などの原因不明や難病といわれる病気、神経と関連する病気の症状が軽くなることのお手伝いができればよいと思っています。
(かかりつけ専門医の診察・治療は続けていただきます)
鼻咽腔治療をご希望の方はお気軽にお申し出ください。
また、鼻咽腔治療が必要と判断した方には積極的にお勧めいたします。

例えば・・・

  • 耳鼻科の病気(診療案内の症状をご参照ください)
  • 喘息・アトピーなど
  • 病巣感染(IgA腎症・掌蹠のう胞症)
  • 自律神経失調症、冷え、体質改善など
  • 関節リウマチ、SLE、潰瘍性大腸炎などの膠原病・免疫性疾患

参考:原因不明の病気が治る《Dr.堀口の"Bスポット療法"》
光文社 カッパ・サイエンス



青山セントラルクリニックホーム

pagetop