品川区小山台の耳鼻咽喉科 武蔵小山駅すぐの青山セントラルクリニック 鼻の症状

鼻の症状

各症状について

  • 耳の症状
  • 鼻の症状
  • のどの症状
  • めまい
  • その他

鼻咽腔治療について

6スポット治療

今月の診療カレンダー

鼻汁がのどにたれてくる

慢性副鼻腔炎いわゆる蓄膿症で生じる症状です。
後鼻漏といいます。

鼻とのどの奥にたまったり、のどに流れ込んで痰がからむような感覚があります。
早期治療が大事です。治療には数か月~1年かかることもあります。
当院では内服治療と鼻咽腔治療(6スポット治療)を行います。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

アレルギー性鼻炎の三大症状です。

どれか一つでもあるとイライラしたり、集中力がかけてしまい学校の成績に影響します。
口呼吸がしにくいため口が常にあいている、いびきがある、鼻をこするなど気になれば治療を始めましょう。

重症の場合、顔や体の骨格成長にも影響します。

鼻が痛い

鼻の入り口にできものができて痛い・鼻の奥が痛い・ズキズキ・ひりひりするなど。
鼻の入り口の感染や鼻炎が原因となります。
鼻が乾燥して痛むこともあります。

頬が痛い

急性副鼻腔炎

頬に副鼻腔という空間があり、細菌感染すると膿がたまってしまいます。頬が痛い・重い・発熱することもあります。

匂いがよく分からない

嗅覚障害といいます。味覚障害も伴うことがあります。
鼻かぜで鼻がつまり、鼻水がでて匂いがわからないこともあります。

ただの鼻かぜでも嗅覚障害だけずっと治らないということもありますので放置せずに早めに治療しましょう。
当院では一般的な抗生物質・点鼻薬以外に漢方やキセノン光線療法を治療に取り入れています。

鼻がにおう

自分の鼻の中が臭いにおいがする。
急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状です。

頭痛・片頭痛

副鼻腔炎によって頭痛が生じることがあります。
眉と眉の間、前頭部・側頭部・頭頂部・後頭部など副鼻腔の炎症により痛みの箇所が違います。
副鼻腔炎の治療として内服をしてもらうとともに当院では6スポット治療により頭痛の場所を塩化亜鉛の薬がついた綿棒で刺激・炎症を抑制し頭痛を治していきます。
こめかみがズキズキ痛くなるような片頭痛も同様に鼻の中の片頭痛の原因の場所を綿棒でこすることにより、症状が消失します。
即効性に効果のでる方もいます。
副作用はありませんが最初はかなりの痛みを伴います。
しかし根気よく集中的に治療を継続することが必要です。
トリプタノールなどの片頭痛薬は使いません。


青山セントラルクリニックホーム

pagetop